ようこそ柴田ロータリークラブのホームページへ

 柴田ロータリークラブは昭和39年1月8日、白石ロータリークラブをスポンサークラブとして設立、11月8日国際ロータリーから認証を受け、チャーターナイトを小原温泉「いづみや旅館」にて挙行、本年度53年目を迎えました。
 以来、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育んでおります。これからも会員一同『奉仕の理想』のもと、一人一人が、個人として、また事業および会社生活において、日々、奉仕の理念を実践してまいります。

クラブ地域の概要(柴田町)

 柴田町は仙南地域の北東部に位置しています。町の中央部を白石川が流れ、町の東部で阿武隈川と合流しています。仙台都市圏と隣接し、国道4号柴田バイパスやJR東北本線、阿武隈急行線など交通の便がよいこともあり、仙台のベッドタウンとして発展しています。また、先端技術や機械、電気、食料品などの工場が進出し、工業生産でも県内有数の規模を誇っています。商業についても大規模店の出店などにより集積度を高めており、農業では稲作をはじめ、四季折々の花きの栽培が盛んなことから、町の特産品として県内外へ多く出荷しています。
 船岡城址公園、白石川堤の一目千本桜は全国でも屈指の桜の名所であり、毎年多くの 観光客が訪れています。平成28年3月には、この2カ所を結ぶ「しばた千桜橋」がグランドオープンしました。 春の「桜まつり」、夏の「紫陽花まつり」、秋の「曼珠沙華まつり」と「大菊花展」さらに、冬の「光のイベント」など、四季折々のイベントを通じて、柴田町の魅力をアピールし、ますますにぎわいを見せています。

本年度の目標と抱負



 本年度、ジョン FジャームRI会長テーマは『人類に奉仕するロータリー』です。「111年の歴史の中で、ロータリーを通じて友人と出会い、地域とつながり、目的意識を持って、人々との絆を育み、キャリアを築き、他では味わえない貴重な経験をしてきました。」更に「毎週、世界の34,000以上のクラブのロータリアンが、語らい、笑い、アイディアを分ち合うために集います。しかし、私たちが集う一番の目的は、最も大切な目標『奉仕』の為です。」と述べています。
 私にとって、これまで16年間いろいろな職種、経験豊富な方々との出会いの中で様々な奉仕を体験し、奉仕の喜びと自分を大きくさせることができました。本年度は、RI会長のテーマのもと地域、日本そして世界に対して、できる奉仕をしていくことがクラブを更に成長させるものと思っております。会員皆で「ロータリーを楽しみ、会員増強」を実践し、60周年を念頭におき更に充実したクラブを目指してまいります。