ようこそ柴田ロータリークラブのホームページへ

 柴田ロータリークラブは昭和39年1月8日、白石ロータリークラブをスポンサークラブとして設立、11月8日国際ロータリーから認証を受け、チャーターナイトを小原温泉「いづみや旅館」にて挙行、本年度57年目を迎えました。
 以来、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育んでおります。これからも会員一同『奉仕の理想』のもと、一人一人が、個人として、また事業および会社生活において、日々、奉仕の理念を実践してまいります。

クラブ地域の概要(柴田町)

 柴田町は仙南地域の北東部に位置しています。町の中央部を白石川が流れ、町の東部で阿武隈川と合流しています。仙台都市圏と隣接し、国道4号柴田バイパスやJR東北本線、阿武隈急行線など交通の便がよいこともあり、仙台のベッドタウンとして発展しています。また、先端技術や機械、電気、食料品などの工場が進出し、工業生産でも県内有数の規模を誇っています。商業についても大規模店の出店などにより集積度を高めており、農業では稲作をはじめ、四季折々の花きの栽培が盛んなことから、町の特産品として県内外へ多く出荷しています。
 船岡城址公園、白石川堤の一目千本桜は全国でも屈指の桜の名所であり、毎年多くの 観光客が訪れています。平成28年3月には、この2カ所を結ぶ「しばた千桜橋」がグランドオープンしました。 春の「桜まつり」、夏の「紫陽花まつり」、秋の「曼珠沙華まつり」と「大菊花展」さらに、冬の「光のイベント」など、四季折々のイベントを通じて、柴田町の魅力をアピールし、ますますにぎわいを見せています。

本年度の目標と抱負


 

国際ロータリー2019-20年度のテーマは『ROTARY CONNECTS THE WORLD ロータリーは世界をつなぐ』です。

 本年度RI会長マーク・ダニエル・マローニーは「ロータリーの礎は『つながり』です。
 若い弁護士としてシカゴにやってきたポール・ハリスがロータリーを創設した最大の理由、それは見知らぬ街で他の人たちと『つながる』ことでした。それから1世紀以上が経った今、私たちの周りには、ポール・ハリスの時代には想像も出来なかったような友情とネットワークを築くための方法が数多く存在します。それでも、ロータリーにおける『つながり』は独特であり、他に類を見ません。」と述べています。
 また、ロータリーの現状として退会者が増えていることを踏まえ、今のロータリーに対して強い危機感を持ち、変化対応をしていかなければならないことを強調しています。
 このことを踏まえ、私たち「柴田ロータリークラブ」においても、地域に根付いた奉仕活動を継続的に行うことで『つながり』をさらに広げていきたいと思っております。何より会員増強が優先課題となりますが、新会員が定着出来るような環境を築けるよう努めていきたいと考えております。国際奉仕活動として仙台大学生との交流、社会奉仕活動として西住小学校にてカブトムシを通じて児童との交流等を継続して行います。
 さらに、本年度は「RLI:The Rotary Leadership Institute 研修会」への参加を会員へ促し、この研修会の目的である「ロータリーの活性化と発展、一人ひとりのロータリアンのロータリーへの理解とモチベーションを高めリーダーシップを涵養すること。」を共有したいと思っております。
 そして3年後のクラブ創立60周年事業も視野に入れ、継続的事業を行っていきますので、会員の皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。