ようこそ柴田ロータリークラブのホームページへ

 柴田ロータリークラブは昭和39年1月8日、白石ロータリークラブをスポンサークラブとして設立、11月8日国際ロータリーから認証を受け、チャーターナイトを小原温泉「いづみや旅館」にて挙行、本年度57年目を迎えました。
 以来、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育んでおります。これからも会員一同『奉仕の理想』のもと、一人一人が、個人として、また事業および会社生活において、日々、奉仕の理念を実践してまいります。

クラブ地域の概要(柴田町)

 柴田町は仙南地域の北東部に位置しています。町の中央部を白石川が流れ、町の東部で阿武隈川と合流しています。仙台都市圏と隣接し、国道4号柴田バイパスやJR東北本線、阿武隈急行線など交通の便がよいこともあり、仙台のベッドタウンとして発展しています。また、先端技術や機械、電気、食料品などの工場が進出し、工業生産でも県内有数の規模を誇っています。商業についても大規模店の出店などにより集積度を高めており、農業では稲作をはじめ、四季折々の花きの栽培が盛んなことから、町の特産品として県内外へ多く出荷しています。
 船岡城址公園、白石川堤の一目千本桜は全国でも屈指の桜の名所であり、毎年多くの 観光客が訪れています。平成28年3月には、この2カ所を結ぶ「しばた千桜橋」がグランドオープンしました。 春の「桜まつり」、夏の「紫陽花まつり」、秋の「曼珠沙華まつり」と「大菊花展」さらに、冬の「光のイベント」など、四季折々のイベントを通じて、柴田町の魅力をアピールし、ますますにぎわいを見せています。

本年度の目標と抱負


 

イマジン・ロータリー

22-23年度国際ロータリー会長 ジェニファー・ジョーンズRI会長の発信したメッセージは
『イマジン・ロータリー』です。
117年前の創設以来、ロータリーの役割は、世界において、会員において、絶えず進化してきました。ロータリーはその初期は、会員が親睦と友情を見つけ、地域社会で人々とのつながりを築く方法を提供してきました。
その後ロータリーに奉仕が芽生え、組織の成長とともにその影響も膨らんできました。そしてロータリー財団ができ、その支えもあって、ロータリーの奉仕の輪は世界中に及び、地域社会の人々の生活を変えていくようになりました。
その役割、志の高さにますます多くの会員が、友情だけでなく、人助けのために行動する方法を求めてロータリーに集うようになりました。
まさに私はこの事がポール・ハリスの抱いていたロータリーの精神ではないかと感じます。まさしくロータリーは、可能性を指し示し、そこに到達する意欲を引き出し、行動を通じて世界の人たちの未来の『イマジン』(想像)ための道を拓いてくれる最高の集まりだと考えます。

地域社会の素晴らしい未来への『イマジン』の担い手となろう。

私は最近地域の奉仕活動の先頭に立つロータリーの活動が、地域の人に認知いただけてない状況が続いているような気がしてなりません。
世界的な奉仕活動の担い手は、地域の中でも輝く存在でなくてはならないと考えます。世界に繋がる最小単位の窓口である柴田ロータリーはそのことを地域の皆様に理解をいただき、そのことが真の奉仕活動と結びつく行動にならなくてはなりません。
そこで私の今年のテーマは『地域社会の未来のイマジンの担い手になろう』
昨日のことをイマジン(想像)する人はいません。それは未来を描くことです。

ロータリーは地域社会共同体を提唱しています。地域で輝く存在になるためにそしてクラブメンバーがより楽しいクラブ活動に従事できるために以下の活動を実施していきます。

22-23柴田ロータリー活動指針

  1. 公共イメージと認知度の向上
    • 地域社会共同体として他団体と共同で国際交流を推進します
      (仙台大学留学生、企業実習生の日本語スピーチ大会など)
    • 仙台大学留学生、企業実習生との活動
    • 柴田町在住の小学生低学年を対象にした生き物ふれあい活動
    • 柴田地区少年サッカーの支援活動
  2. 柴田ロータリー創立60周年式典の開催(2023年5月27日予定)
    • 柴田ロータリー周年事業の開催で他クラブとの親睦と理解を深める
    • それに伴う記念事業の展開
  3. クラブのサポートと強化
    • 会員4名の純増を達成する。
    • 女性会員の2名の純増を達成する。
    • クラブの会員維持率を維持または改善する
    • 出席率の向上
    • 1月の最低一度の外部スピーカーの招集
  4. 人道的奉仕の重点強化
    • 年次基金への会員一人当たりの平均寄付額100米ドル
    • ロータリーのポリオ撲滅活動への募金
    • 奉仕プロジェクトへ関与するメンバーを増やす。